ビタミンCが二日酔いを救う?

サプリメント

私達に馴染みのあるサプリメントであるビタミンCにはどんな効果があるのでしょうか。今回を含めて、いくつかの記事をご紹介していきますので、ぜひ読んでいってください。

本日の概要

こんにちは、皆さん。今日はアルコールと私たちの体について話しましょう。特に、アルコールが体内でどのように分解されるのか、そしてその過程でどのように二日酔いが起こるのかについて深く掘り下げてみましょう。さらに、ビタミンCがどのようにしてこれらの問題を解決するのかについても説明しますね。

アルコールの代謝とアセトアルデヒド

まず、アルコール摂取したときに人はなぜ気持ちよくなるのでしょうか?

これはアルコールそのものが脳に作用して一部の機能を麻痺させるからです。でもずっと酔っ払っていては困りますよね?人にはアルコールを代謝して体外に排出する能力が備わっています。

アルコールは、まずアルコール脱水素酵素(ADH)という酵素によってアセトアルデヒドという物質に分解されます。このアセトアルデヒドは、さらにアセトアルデヒド脱水素酵素(ALDH)という別の酵素によって酢酸に変換され、いくつかの代謝物質を経由して最終的には体から排出されます。

アセトアルデヒド分解酵素(ALDH)の働きと遺伝的変異

しかし、ここで問題が生じます。アジア人、特に 日本人の約36%がアセトアルデヒド分解酵素(ALDH)の活性が低いと報告されています。これは、特定の遺伝的変異によるもので、この変異を持つ人々はアルコールを摂取するとアセトアルデヒドが体内に蓄積しやすくなります。これが、一部のアジア人がアルコールを摂取すると顔が赤くなる原因とされています。36%は日本人の3人に1人以上は該当するということになるのでかなり多くの人が潜在的な問題を抱えているということですね。実は私もお酒が全く飲めずすぐに気分が悪くなるいわゆる下戸なのですが、ここまで多いということに大変驚きました。

アセトアルデヒドは体にとってとても有害な物質で、これが体内に蓄積し、頭痛、吐き気などの症状と共に二日酔いを引き起こしてしまいます。

アルデヒド?ってなに?

→シックハウス症候群と言う言葉を聞いたことありませんか?一昔前の建築資材にホルムアルデヒドを含む接着剤を多用していたことで多くの人が原因不明の体調不良を起こしました。これは社会現象になり、後にホルムアルデヒドを含む建材は法律で使用が禁止されるまでになりました。分子構造にアルデヒド基を持っている化学物質は、タンパク質などに対して非常に攻撃的な反応性を持っています。

ビタミンCの役割

ここで、ビタミンCが登場します。ビタミンC(アスコルビン酸)は、アセトアルデヒドと反応して無害な物質に変化させることができます。これは、ビタミンCがアセトアルデヒドを中和し、体から排出しやすい形に変換する能力を持っているからです。参照文献:[Vitamin C and alcohol: a call to action](Vitamin C and alcohol: a call to action | BMJ Nutrition, Prevention & Health)

この事実は、科学的な研究によって裏付けられています。例えば、2021年に行われた一つの研究では、ビタミンCがアルコール誘発性の肝障害を防ぐ助けになることが示されました(参照:[Volume 297, 15 May 2022, 120228]。この研究では、ビタミンCがアルコールの代謝に関与し、アセトアルデヒドの蓄積を防ぐことで肝臓を保護することが示されています。

しかし、ビタミンCが二日酔いの全ての症状を完全に解消するわけではありません。それでも、ビタミンCを含む飲み物や食事を摂取することで、二日酔いの症状を和らげることは可能です。また、ビタミンCは抗酸化作用も持っているため、アルコールによる酸化ストレスから体を守る助けにもなります。

まとめ

アルコールは体内でアセトアルデヒドに分解され、これが二日酔いの主な原因となります。しかし、ビタミンCはアセトアルデヒドを無害な物質に変化させ無毒化能力を持っており、これによって二日酔いの症状を和らげることができます。次回の飲み会の前には、ビタミンCをたっぷり含んだ飲み物や食事を摂取することで悪酔いや二日酔いを軽減しましょう!

でも、くれぐれも飲みすぎには気を付けて、適量の飲酒で楽しく、健康的なライフスタイルを送りましょうね。

これからも健康に役立つ情報を、論文情報を参考に科学的に解説する記事を定期的に更新する予定ですので、リンクをお気に入りに登録していただけると嬉しいです。

<script async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-2228589567473046
     crossorigin=”anonymous”></script>


コメント

タイトルとURLをコピーしました