健康なあなたの「うんち」が苦しむだれを救う!?

生化学

~便利なオーバーホール!?あなたの「腸」が健康の鍵を握る~

あなたにとっての健康のバロメーターは何でしょうか?心拍数?血圧?それともコレステロール値?これらはもちろん重要ですが、ある意味ではあなたの「うんち」こそが健康状態を評価する上で最も強力な指標かもしれません。

体内の不思議な世界、腸内細菌叢

人間の腸内には、100兆以上の細菌が共存し、その種類は数千に及びます。これらの細菌が共存して形成するエコシステムを「腸内細菌叢(ちょうないさいきんそう)」と呼びます。腸内細菌叢は、私たちの身体の一部と言っても過言ではありません。健康な腸内細菌叢は、消化促進、栄養吸収、免疫機能の強化など、私たちの健康にとって不可欠な役割を果たします[1,2]。

腸内細菌叢の善玉菌と悪玉菌

腸内細菌叢は、「善玉菌」と「悪玉菌」の間のバランスによって健康状態が大きく影響されます[3]。善玉菌は腸の炎症を抑える役割を持ち、それに対して悪玉菌は、過剰に増えると炎症を引き起こす可能性があります。これが、炎症性腸疾患の原因の一つであり、この病態については現在も研究が進行中です[4]。炎症性腸疾患というと、今は亡き安倍元首相も罹患していたことで有名な疾患で、代表的なものに潰瘍性大腸炎・クローン病が挙げられますが、これらは難治性であり日本では難病に指定されています。第一次安倍内閣の退陣の理由が実はこの炎症性腸疾患による体調不良であったといわれています。

悪玉菌が引き起こす炎症、その謎を解く

悪玉菌が増えると、これらの細菌が体内で産生する物質(エンドトキシンなど)が腸壁を刺激し、過剰な免疫反応を引き起こします。これにより炎症が発生し、炎症性腸疾患などの疾患を引き起こす可能性があります。また、悪玉菌が増えると、腸のバリア機能が低下し、腸から血流への細菌の侵入が増えて全身の炎症反応が高まる可能性もあります。

ここで、本当に腸内細菌叢が炎症性腸疾患と関連があるのか?、影響力と信頼性の高い論文12報を調査してみましたので結果をお伝えします。

【腸内細菌叢と炎症性腸疾患が関連している】と示した論文は全体の67%でした。また、おそらく関連しているという論文は33%、関連していないという論文は0%でした。この結果から、腸内細菌叢が炎症性腸疾患に関連している可能性が極めて高いと言っていいでしょう。

【腸内細菌叢と炎症性腸疾患が関連している】という論文を1つだけ紹介しておきます。腸内細菌叢は、その後の炎症性腸疾患の発症の最も近い環境危険因子であり、それを操作することは有望な治療手段だと述べられています。

Sheehan, D., Moran, C., & Shanahan, F. (2015). The microbiota in inflammatory bowel disease. Journal of Gastroenterology, 50, 495-507. https://doi.org/10.1007/s00535-015-1064-1.

腸、免疫のフロントライン

腸は毎日の食事を通じて、無数の細菌、ウイルス、寄生虫、化学物質に直接曝露されます。これらは全て、「異物」として認識され、腸はこれらに対して適切に対応し身を守っています。つまり、生体内で腸はリンパ節に並ぶ重要な免疫反応の場として機能しているのです。しかし、腸内の悪玉菌が増えると、免疫系が過剰に反応し炎症を引き起こします。この過剰な炎症は腸だけに留まらず、全身に影響を及ぼす可能性があります。

あなたの腸は大丈夫? 腸内細菌叢の健康チェック

健康な腸内細菌叢を維持するためには、まず自分の腸内細菌叢が健康的な状態にあるかどうかを確認することが重要です。そこで登場するのが「便検査」です。一部の検査キットでは、自宅で便を採取し、それを専門の研究所に送ることで腸内細菌叢の状態を調べることができます。この結果をもとに、自分の腸内細菌叢が善玉菌優位か、それとも悪玉菌が増えているのかを知ることができます。

私たちの便には何が含まれているのか? 便移植という新たな治療法

驚くべきことに、私たちの便は腸内細菌叢を健康に保つための一部となる可能性があります。実は、炎症性腸疾患や、抗生物質によって腸内細菌叢が壊れた患者に対して「便移植」という新たな治療法が開発されています。健康なドナーから採取された便を患者の腸に移植することで、腸内細菌叢を再構築し善玉菌を増やし、患者の症状を改善することが目指されています。既に臨床試験が進行中であり順天堂大学では被験者だけでなく、なんと便のドナー(提供者)まで募集しています。
日ごろから食事に気を付けて良好な腸内細菌になっていると自負する方は参加してみてもいいかもしれませんね。自分が炎症性腸疾患になってしまったときは移植を受けることになるのですが・・・誰の便なのか気になってしまいますよね。

フードファイト! 健康的な腸内細菌叢を保つための食事

私たちの食事は腸内細菌叢に大きな影響を与えます。例えば、ハンバーガーやピザなどのジャンクフードを多く摂ると、悪玉菌が増える傾向があります[3]。一方、食物繊維が豊富な豆類や全粒穀物、野菜などを多く摂ると、善玉菌が増えることが研究で示されています。また、ヨーグルトや納豆などの発酵食品は、プロバイオティクスと呼ばれる善玉菌を豊富に含み、腸内細菌叢の健康を維持するのに役立ちます。ジャンクフードと健康食が、まるで腸内でせめぎ合い戦っているような構図ですね。

まとめ

腸内細菌叢の健康は、私たちの全体的な健康状態に深く関連しています。食事を通じて腸内細菌叢の健康を維持し、適切なバランスを保つことが、私たちの健康を保つための鍵となるでしょう。

出典

[1] “Diet rapidly and reproducibly alters the human gut microbiome” – David et al., Davidson University, Nature 2014.

[2] “Diet-induced extinctions in the gut microbiota compound over generations” – Sonnenburg et al., Harvard University, Nature 2016.

[3] “Western diet induces a shift in microbiota composition enhancing susceptibility to Adherent-Invasive E. coli infection and intestinal inflammation” – Martinez-Medina et al., University of Minnesota, Scientific Reports 2016.

[4] “Dietary fiber and the human gut microbiota: Application of evidence mapping methodology” – McRorie et al., University of Illinois, Nutrition Reviews 2017.

<script async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-2228589567473046
     crossorigin=”anonymous”></script>

タイトルとURLをコピーしました