驚きの「若返りサプリメント」NMN:一体何がすごいの

生化学


生体内でのNMNの役割

あなたは老化と戦うことができるとしたら、どのような手段を選びますか?健康的な食事や定期的な運動はもちろん重要ですが、他にも効果的な方法があります。

NMNという名前のサプリメントを聞いたことがありますか?「ニコチンアミドモヌクレオチド」の略で、この成分を摂取すると、生体内でNAD+という分子に変換されます。NAD+は私たちの体に元々存在し、エネルギー生成や細胞修復に重要な役割を果たします。NAD+の前駆体であるNMNを摂取することで、私たちの体は「若返る」可能性があるのです!具体的な研究結果をもとに、その秘密を紐解いてみましょう。

年齢とともに減少する体内のNAD+

実は私たちの体内でNAD+の量は年齢と共に減少していきます。体内でエネルギー産生やDNA修復に重要な役割を果たすNAD+ですが、私たちが年を重ねるとその生成能力が落ち、それに伴い体のさまざまな機能が低下していきます 参考文献Golam Mezbah Uddin, Scientific Reportsvolume 7, 2017)

研究によれば、20歳と60歳の間で比較すると、NAD+濃度は約60%も減少してしまうことが示されています。これは、老化により細胞のエネルギー産生や修復能力が低下することを示しています。

NMNサプリメントを利用することで、このNAD+の減少を補い、体内のエネルギー産生やDNA修復能力を維持することができます。これが、私たちがNMNに期待する「若返り」の効果なんです。

NMNと老化関連疾患

科学者たちはNMNが老化関連のさまざまな疾患に対する効果も調査しています。心血管疾患はその一つで、これは私たちの健康と寿命に大きな影響を与える一因です。2016年に行われた研究では、マウスにNMNを投与したところ、血管の若返りが確認され、血流が改善したことが報告されています。参考文献Das, A. et al. Cell173.1 2018

また、2020年の別の研究では、マウスにNMNを与えると神経細胞のエネルギー生産が改善し、アルツハイマー病の進行が遅延したことが示されています参考文献Hou, Y. et al. Proceedings of the Nati. Acad. of Sci115 2018)

これらの研究は、NMNが老化関連疾患の予防や改善に役立つ可能性を示唆しています。

人間でも効果を実感できる?安全なの?

それでは、人間においてはどうでしょうか?2020年には、日本の研究チームが行った臨床試験で、健康な男性にNMNを投与した結果、NMN摂取が安全であることが確認されました。さらに、その男性の血液中のNAD+代謝物2pyの濃度が最大2.7倍にまで増加したのです参考文献Irie, J. et al. Endocrine Journal67.2 2020)。これは、NMN摂取により体内のエネルギー産生やDNA修復能力が向上する可能性を示しています。

網羅的な調査による確からしさの確認

さて、ここまでNMNの素晴らしい若返り効果についてばかり述べてきましたが、それがどれほど確かな情報なのでしょうか?

恒例となりましたが、「NMNはの摂取で若返るのか」という点についてデータに基づいて客観的に判断するために、影響力が高く信頼性の高い論文を上位7つ調査しました。この記事の最後にまとめて出典を記載しておきますので、気になる方は論文を読んでみてください。

【NMNの摂取で若返る】と結論付けた論文が全体の57%となり、【NMNの摂取で若返る可能性がある】と結論付けた論文が43%、それらを否定する論文は0%となりました。つまり、NMNは若返り効果があると考えてよいでしょう。

NMNの未来

これらの研究結果から、NMNが老化との闘いに大きな可能性を秘めていることは明らかです。我々の身体を守り、生活の質の向上と寿命延長の一助となるかもしれません。ただし、人間における具体的な効果や副作用についてはまだ十分には解明されていません。そのため、NMNサプリメントを試す前には、必ず医療専門家と相談しましょう。これからの科学研究によってさらなる驚きの結果が証明され、安全性が証明されれば私達も摂取しやすくなりますね。世界の科学者達に期待しましょう!

<script async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-2228589567473046″ crossorigin=”anonymous”></script>

<参考文献>

【NMNの摂取で若返る】
Neuroprotective effects and mechanisms of action of nicotinamide mononucleotide (NMN) in a photoreceptor degenerative model of retinal detachment
 Aging(Albany NY)X., Chen et al.2020

Nicotinamide Mononucleotide, an Intermediate of NAD+ Synthesis, Protects the Heart from Ischemia and Reperfusion
PLoS ONE, Takanobu Yamamoto et al.2014

Chronic nicotinamide mononucleotide supplementation elevates blood nicotinamide adenine dinucleotide levels and alters muscle function in healthy older men  NPJ Aging, Masaki Igarashi et al.2021

Nicotinamide mononucleotide protects against β-amyloid oligomer-induced cognitive impairment and neuronal death
Brain Research, Xiaonan Wang et al.2016

NMNの摂取で若返る可能性がある】
Nicotinamide mononucleotide supplementation reverses vascular dysfunction and oxidative stress with aging in mice
Natalie E., de Picciotto et al.2016

The Impacts of Short-Term NMN Supplementation on Serum Metabolism, Fecal Microbiota, and Telomere Length in Pre-Aging Phase
Frontiers in Nutrition Kai-Min Niu et al.2021

Nicotinamide Mononucleotide Attenuates Renal Interstitial Fibrosis After AKI by Suppressing Tubular DNA Damage and Senescence
Frontiers in Physiology, Yan Jia et al.2021


タイトルとURLをコピーしました