アスパルテームは発がん性がある!?

生化学

多くの食品に砂糖の代わりに利用されているアスパルテームに発がん性があるなんてショッキングな情報を見つけましたので、その内容について記事にしました。

アスパルテームとは何か?

アスパルテームは、人工甘味料の一つであり、その甘さは砂糖に対して約200倍と言われています。この人工甘味料は、ゼロカロリー飲料からガムまで、様々な食品に使用されています。その驚異的な甘さと低カロリー性は、ダイエットを志す人々や糖尿病患者にとって魅力的な選択肢となっています。

しかし、アスパルテームについては、長年にわたってその安全性についての懸念が提起されてきました。一部の科学者や保健専門家は、アスパルテームの摂取ががんリスクを高める可能性があると示唆する研究を発表し、その使用に対して警鐘を鳴らしています。これに対して、他の専門家たちはアスパルテームの安全性を強く主張しています。

アスパルテームと発がん性の議論

世界保健機関(WHO)の国際癌研究機関(IARC)は、アスパルテームを「発がん性を有する可能性がある物質」として分類しています。しかし、この分類に対して疑問を投げかける声も存在します。

パドヴァ大学のアンジェロ・モレット教授は、「単に発がん性物質と分類するだけでは、意味がない」と指摘します。彼の主張は、「物質の有害性は投与量次第である」という考え方に基づいています。

例えば、私たちが日常的に摂取しているコーヒーを考えてみましょう。一日に何杯も飲む人もいれば、一日一杯が限度の人もいます。コーヒーにはカフェインが含まれており、カフェインの過剰摂取は不眠や胃の不調などの健康問題を引き起こす可能性があります。しかし、適度な摂取量であれば、コーヒーはリラックス効果や、集中力を高める効果があると言われています。

同様に、水も過剰に摂取すると「水中毒」という症状を引き起こすことがあります。こ水中毒とは、水を限度を超えて大量に摂取することで体内の電解質バランスが崩れ、頭痛や吐き気、最悪の場合には昏睡状態や死亡に至ることもある症状です。しかし、当然ながら、水は私たちが生きていくために絶対必要な物質です。

この視点から考えると、アスパルテームは「発がん性を有する可能性がある」と分類されているものの、摂取量による影響を考慮に入れなければ正確な評価をすることができないでしょう。

発がん性のリスクと現実

アスパルテームが発がん性を持つとされているのは、主にラットを用いた実験結果に基づいています。しかしこれらの実験には限界があり、人間への直接的な影響を反映しているとは必ずしも言えません。

多くの人間に対する研究では、アスパルテーム摂取とがんの発生との間には明確な関連性が見つけられていません。さらに、アメリカ食品医薬品局(FDA)や欧州食品安全機関(EFSA)など、世界中の厳格な規制機関がアスパルテームの安全性を認めています。

それでもなお、アスパルテームに対する恐怖や不安は拭い去られていません。人々は科学的な証拠よりも感情的な反応によって意見を形成することが多く、結果として、アスパルテームは時として魔物のように見られてしまいます。

論文データでは、アスパルテームの安全性はどうなっているのか?

そこで、私が独自に影響力や信頼性のある研究論文上位9つを検索して、判断の根拠を客観的にお示ししたいと思います。その結果、アスパルテームが発がん性を有しているかという観点での調査では、9つの論文のうち【発がん性を有している】が12%、【おそらく発がん性を有している】が25%で合計37%となっています。一方【発がん性を有していない】が62%となっています。

意見が真っ二つに分かれてしまいましたが、論文の内容を精査すると、マウスやラットなどのげっ歯類での実験では発がん性が認められているというのは事実のようです。しかし、人が日常生活で摂取する量で影響があるとまでは証明されていないというのが現状のようです。

下記に論文の一部を紹介します。

【発がん性を有している】

Landrigan, P., & Straif, K. (2021). Aspartame and cancer – new evidence for causation. Environmental Health,

【おそらく発がん性を有している】

Maghiari, A., (2020). High Concentrations of Aspartame Induce Pro-Angiogenic Effects in Ovo and Cytotoxic Effects in HT-29 Human Colorectal Carcinoma Cells. Nutrients, 12. https://doi.org/10.3390/nu12123600.

【発がん性を有していない】

Haighton, L., (2019). Evaluation of aspartame cancer epidemiology studies based on quality appraisal criteria. Regulatory Toxicology and Pharmacology, 103, 352–362. https://doi.org/10.1016/j.yrtph.2019.01.033

結論:アスパルテームは安全か?

すべての食品や飲料と同じように、アスパルテームも適量を守って摂取することが重要です。研究論文を網羅的に読んだ結果から導き出される結論として、アスパルテームが大量に入った食品を大量に長期間摂取し続けない限り、アスパルテームが原因でガンを発症する可能性は低いです。少量であれば安全に摂取できるでしょう。

この議論を通じて、私たちは科学的な証拠と感情的な反応の間でバランスを取ることの難しさを理解することができます。それは、食品の選択だけでなく、我々の日常生活のあらゆる面に適用できる洞察です。

<script async src=”https://pagead2.googlesyndication.com/pagead/js/adsbygoogle.js?client=ca-pub-2228589567473046″ crossorigin=”anonymous”></script>

タイトルとURLをコピーしました